スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だめんず in カナダ

strbk02221
知らない俳優さんばかりだし(だってカナダ映画だもん)、
なにより主人公のダヴィッドが1ミリたりともカッコよくないんだけど…
シネスイッチが上映する作品に間違いはないでしょ!
という絶大なる信頼のもと、映画「人生、ブラボー!」へ。
さすがシネスイッチ、間違いなかったよー。

42歳独身の主人公ダヴィッドは、まさに「ダメ男」。
父親の経営する精肉店では配達の仕事すらロクにできないし
多額の借金を抱えて借金取りにお風呂に沈められる毎日で
付き合っている彼女に妊娠したと告げられても結婚に踏み切れず…。
しかしある日、そんな彼になんと533人もの子供がいることが判明します。
というのも実は昔、彼はある理由から693回にもわたって精子提供を行っており
その結果、彼の知らぬところで533人の赤ちゃんが生まれていたのでした。
その中の142人から身元開示の裁判を起こされ、うろたえるダヴィッド。
マスコミは面白おかしく取り上げるし、街中でも嘲笑の的。
匿名を守るため、友人の弁護士と裁判の準備を始めた彼でしたが
ふと1枚だけ見た資料がきっかけで、彼の人生が大きく変わり始めます。

オープニングからむむっと眉をひそめてしまうシーンなのですが
一度引いてしまったのが嘘のように、最後にはグッときてしまう
まさにハートウォーミング・ストーリー。
そしてその中で徐々に明かされるのは
ダヴィッドがなぜそれほどまでに精子提供のバイトをし、そして得たお金をどう使ったのか。
そうだったんだ…。いいヤツじゃーん、ダヴィッド。

子供たちとの「ビッグ・ハグ」のシーンはホントに素敵!
そしてそんなハグの中心にいた、ダヴィッドとそのお父さん。
このお父さんがまた素敵なんだよねー。
別のシーンで、ダヴィッドの彼女に言った
「こいつは本当にダメなヤツだけど、たまに素晴らしく輝くときがある。
だから、どんなにダメでも愛おしいんだ」という(細部は違ってるかも)言葉。
この思いこそが「家族」なんだなぁ…としみじみしました。

strbk02223 strbk02222

世界中の映画祭で絶賛されたというこの作品、
すでにハリウッドでのリメイクが決まっているらしいんだけど
インドでも歌と踊り満載の「ボリウッドバージョン」の製作が進行中とか(笑)。
どこの国にもだめんずっているのねぇ…。




スポンサーサイト

ラストだなんて言わないで~

それは昨年末、レミゼを見に行ったときのこと。
人々で大混雑の映画館の片隅に、タンクトップ姿の彼を見つけました。
jmcln02193
このタンクトップをマクレーン(笑)!
噂には聞いていたけれど、いよいよ帰ってくるのね!
ちなみに捲ったタンクの下には、なにやらQRコード的なものがありました。
めんどくさかったので、何もせず戻しちゃったけど。


まぁそんなあの日から約2ヶ月。
公開を待ちに待っていた映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」へ。
jmcln02191 jmcln02192
ブルース・ウィリス演じる刑事ジョン・マクレーンに
一発で惚れてしまったあのPart1から早くも25年。
不死身の男とはいえハゲちゃったし、お腹も出ちゃったし、
それにそもそもどうやったって
あのPart1の面白さは越えられないことはわかってるんだけど
でも変わらぬマクレーン節が聞ければ、もうそれでいいの…。
久しぶりに味わう彼のぼやきとめちゃめちゃな壊しっぷり、存分に堪能しました。
このシリーズで私が好きなのは
家族を守るためなら文字どおりどんなことでもしちゃうマクレーンの強さ。
今回も息子ジャックを守るため、ロシアのテロリストと戦います。
カーチェイスやら大爆破やら、挙句の果てにヘリコプターで振り回され…。
これ、さすがに人間の肉体では耐えられないでしょ(笑)。

それでもなぜか流血程度で済み、立ち上がって歩き出すマクレーン親子。
よかった、「ラスト・デイ」の到来はまだ先のようです。
映画の展開としてはツッコミどころ満載だけど…めでたしめでたし!


jmcln02194
ちなみに、どこまでもいじられキャラの彼、
このタンクトップをマクレーン!に続いて今回劇場の片隅に置かれていたのは
全身チョコレートで出来た等身大の「ジョン・チョコローン」。
頭部のつややかさが、なんともイイ感じです…。



週末楽園旅行!

lvgum02142
久々に、オスカー登場!
青い空、広い海~。ちょこっとグアムに行ってきました。
冬真っ盛りの寒い寒い日本を抜け出して、まさにここは楽園!

今回は珍しく(?)、夫との旅。
バレンタインに日本を飛び立って、あらあらなんてラブラブな…
と思いきや、やはり現地ではほぼ自由行動。
深夜にホテルにチェックインし、翌朝起きてみたら
すでに夫はどこかへ潜りに行ってしまった後でした(笑)。
晩ごはんでお会いしましょう…。

そんな感じの3泊4日。
ビーチでのんびり読書して、極上エステでうとうとして、
ジャンクフードなんか食べちゃって、気の向くまま過ごす楽しい時間。
この自由な感じがいちばんの楽園気分の素かもしれないなー。
あまり一般的には支持してもらえないかもしれないけど…。

どうやら夫もダイビング三昧の週末を楽しんだようで、
わが家なりのラブラブな旅でした…
と言っていいと思う…たぶんね!

lvgum02141


最後に。
私たちが行くほんの数日前に
悲しい事件に巻き込まれたお2人とそのご家族の上に、安らぎがありますように。
結婚式を挙げる予定だったご夫婦に
どうか穏やかな幸せの日々がやってくるように、心からお祈りしています。
lvgum02143



SMILE!

rdcup02121
今年の目標、というほどの大ごとでもなかったけど
そのうちそのうち…と思いつつ、ずっと延ばし延ばしにしちゃってたこと。
今年こそは、とようやくこの1月に手続きを整えたところ
始動しはじめたしるしとして、こんな小さなスマイルくんが届きました。
遠いどこかの国で、見知らぬ子供たちが赤いカップを手にハッピー。
遠く離れた日本で、私も赤いカップを手にハッピー。
微力ながら、そんな幸せの形に少しでも協力していけたらと思います!




春色アフタヌーンティー

stbry02091
なぜか308号室嬢の雇い主H氏に促され、久しぶりにアフタヌーンティーの集い。
場所はもちろん、お気に入りのいつものラウンジで。
広い窓からレインボーブリッジの向こうに見える東京の街、今日も美しーい。

さて、季節によって変わるこちらのメニュー、
春先のこの時期は、春を感じさせる「あまおうアフタヌーンティー」。
3段トレイに並ぶ、見目麗しい春色のものものたち。
スイーツたちはもちろん苺満載だけど
アボカドと小海老のタルトレットやピスタチオのスコーンもあったりして
テーブルがパッと華やぎます。うーん、春っていいねぇ。
…って、まだ来る気配まったくないけどね(笑)。

stbry02092 stbry02093

そしてここへ来ると、いつもおかしな方向にはずんでゆくおしゃべり。
今回ももちろん
「今までトライした中で、最も周囲で物議を醸した髪型はなにか」など
目の前の春色トレイとまったく関係ない話で盛り上がりましたが
私たちにしては珍しく
「今までに味わったマイ・ベスト・アフタヌーンティー」というジャストフィットな話題も。
考えてみればあれはもう20年近く前、
初渡英の際に超緊張しながらフォートナム&メイソンで3段トレイを囲んで以来
ホントにいろーんなとこで、いろーんなアフタヌーンティーを味わってきたけれど
一番びっくりして、そしてそれを上回るほどにうっとりしたのは
ペニンシュラ香港でのチャイニーズアフタヌーンティーかな。
久しぶりにまたあの感動を味わいに行きたいなー。

stbry02094

なんてことを思っているうちに、やっぱり今回も気付くと窓の外は夕暮れ。
夕暮れから夜景へと姿を変える美しい東京の空を眺めつつ、最後の1杯を楽しみました。
なんて幸せな午後!





まさにアメリカンおバカコメディー

アメリカ人の、アメリカ人による、アメリカ人のための映画…
というと、この春公開の映画「リンカーン」?
と思ってしまいがちですが、いやいやそうではなく。

dmted02051
そう、それは映画「ted」でしたー。
あまりにも煽るCMにつられて、つい見に行ってしまったわい。
で、その感想が「アメリカ人の、アメリカ人による…」というわけ。
いや、たしかに笑えることは笑えるのよ。面白くないわけじゃないのよ。
それにテッドのモコモコした質感や動きは
それほどテディベア好きではない私でも「可愛い~」って思っちゃったし、
話題になっていた下ネタに関しても
まぁ予想の範囲内だったので別に拒否反応もなにも起きなかったし。
でもねー、生粋の日本人の私としては
そもそもこの映画の極めている「笑い」の本質的な部分を理解できてない気がして。
だって、80年代のアメリカ文化のパロディばっかりなんだもん。
主人公2人(1人と1匹?)が敬愛する映画「フラッシュ・ゴードン」も
そりゃちらっと知ってはいたけど、特に思い入れはないので
その主役を演じた今現在のサム・ジョーンズが出てきても、それほどねぇ…。
日本で例えると何? 藤岡弘、が出てくる感じかしら…。

という。
ちょっと私が期待してハードル上げすぎちゃったのかな。ごめんよ、エロクマ。
でもでも、80年代アメリカに精通していて、興味のある方はぜひ映画館へ。
たぶんこの放送禁止ギリギリな感じ、地上波では流せないと思うので!

dmted02052 dmted02053





2012冬の元駒お誕生会

本と戯れる素敵な時間を過ごした後は、麻布十番のやさい家めいへ。
年が明けちゃったけど、この夜は「2012冬の元駒お誕生会」。
冬の…って、そう、祝ってもらえるのは12月生まれのMHちゃんと私!
みんなありがとー。
そして、いろいろお店考えてもらってたようだったのに
私の一存でめい十番店に強引着地してしまってすまーん。
だってここのコレが食べたかったのぅぅ…。

mkmbd02022 mkmbd02021
めいといえば、の農園バーニャカウダ!
ただしとりあえずオレンジ色の細長いヤツは見ないふりをして、っと。
最近ハローマイラブいなげやで見かけるようになって
気になってた右写真の「ロマネスコ」も食べられてラッキー。
ちなみに分類上はカリフラワーの仲間らしいんだけど、味はブロッコリーに近かったかな。
そして残念ながら私はブロッコリーよりカリフラワーの方が好き…。
さよなら、ロマネスコ…。

まっ、気を取り直して、メインの野菜しゃぶしゃぶを!
今回のお鍋は塩ベースの出汁の中に梅干と炒り大豆が入ってグラグラと登場。
梅と豆のエキスが煮出された出汁でいただくしゃぶしゃぶは
野菜も豚肉も鶏つみれもクセになりそうなおいしさで、箸が止まらないとはまさにこのこと。
これはお家鍋のときにマネしようっと。
プラス隠れたおいしさポイントはささがきごぼうだな、きっと。
すべてを食べ尽くした後のシメは mkmbd02023
ごはんの上で梅干をほぐして豆を乗せ、塩出汁をかけたお茶漬け風。
これも美味しかったー。

そしてお食事が終わって一段落したら
みんなが山盛りのプレゼントと、デザートプレートを贈ってくれました。
きゃーありがとうみんな…と感激したのもつかの間
デザートプレートにはこんなダイナミックなオレンジ野郎が…。
mkmbd02024
これは何かの陰謀だな…。
みんなありがとう。このことは決して忘れないわ…(笑)。




素敵すぎるマーケット

 bkmkt02021   bkmkt02022
それはそれは素敵すぎるマーケット「BOOK MARKET 2013」へ。
今年で5回目を数えるというこんな素敵な催しをこれまで知らずにいたなんて!クーッ

会場に1歩はいれば、そこはまさに素敵な本の大洪水。
あまりにも素敵な本が多すぎて、大声でうぉーっと叫びだしたいほど
ひとりひそかにアドレナリン大放出。
会場内を何周も回って、じっくりじっくり品定めして、
でも欲しい本が次から次へと出てきて、うーん選べないぃぃー。

なんとか絞り込んで、それでも5冊。
連れて来た諭吉もあっという間に英世に変身…。
でも心躍るとっても素敵なお買物ができました!
bkmkt02024 ちらっ
悩んだ末に編み出したのは、各ジャンルから1冊ずつの構成。
お料理本と、旅本と、写真集と、ちょっと楽しく読める軽いものと。
あと特別選出として、出版社のおじさんに熱くおすすめされた
エッセイ「会うことは目で愛し合うこと、会わずにいることは魂で愛し合うこと」。
思い入れの深さに胸を打たれて買ってみました。
そういう買い方、ふだん本屋さんではできないので楽しかったなー。

会場を出た後は、近くのカフェへ。 bkmkt02023
ふんわり甘く柔らかなエンジェルフードケーキをいただきながら
買ったばかりの本たちをめくり、至福のときを過ごしました。
寒さ深まるこれからの季節、しばらく素敵な本時間が過ごせそう!




悲しくせつなく

nobbs02011
それはあまりにも美しく、あまりにも悲しすぎる物語。
映画「アルバート氏の人生」。
時代のせいにしてしまうには、あまりにも切ない…。

まだ独身女性の身分が低かった19世紀アイルランドのダブリンで
貧困と暴行から逃れるため、14歳で女性であることを捨て
男になることで職を手にして生きてきた主人公アルバート。
生き抜くことこそが「幸せ」と信じて疑うことなく
ホテルのウェイターとして働き、人付き合いを避けて
40年以上も孤独の中、真面目に生きてきた彼女(彼?)でしたが
ペンキ職人のヒューバートと出会ったことから、自らを偽り続けてきたことに悩み始めます。
実はヒューバートもまた女性であることを捨て、男性として生きている人物。
でも同じ境遇であるはずの自分と違い、ヒューバートが幸せそうに見えるのはなぜなのか。
状況を受け入れ、最愛の妻を得て幸せな人生を送るヒューバートに勇気づけられ
叶わぬ夢を見ていたアルバートが、その夢を現実のものにしようと一歩を踏み出します。
まずは他人に心を開き、人を愛することから…。

しかし…
自分のアイデンティティーをタキシードの下に隠して生きてきた彼女には
もはや人を愛するということがどういうことなのかすらわからず…。
孤軍奮闘の中、彼女が見せる最後のプライドに胸を締め付けられます。
時代のせいにしてしまうには、あまりにも…
言葉の見つからないラストでした。

nobbs02012 nobbs02013

主人公のアルバートを演じたグレン・クローズって
全然結びつかないけど、たしか「危険な情事」のストーカー、アレックスだよねぇ。
いやはや、女優さんってすごいわ…
なんてことを思いながら、観賞後に残った悲しい気持ちを払拭しました。
かといっても、そんじゃ「危険な情事」もう1回見てみましょう、って気持ちには
まったくならないんだけどね(笑)。




守られていたのは

hmdgk01301
ノスタルジーとリアリティーの交じり合った、不思議な青春物語。
映画「みなさん、さようなら」。
監督×主演男優の組み合わせが好きなので、見に行ってみました。
実際は24歳らしいのに、主人公・悟の12歳から30歳を1人で演じきった
濱田岳… 決してカッコよくはないけど、スゴすぎるー。

物語の始まりは、日本経済が安定期に入った1980年頃。
次々と建てられる団地は商店街や病院などすべてが揃った夢の未来都市。
人が溢れ、活気に満ちた団地で生まれ育った主人公・悟は
12歳のある日、周囲を驚かせる発言をします。
「ぼくは一生、団地の中だけで生きていく」

学校に行かなくても友達は団地の中にいるし
16歳になったら、ちゃんと団地のケーキ屋さんに勤めるつもり。
それからは、団地は僕が守る!の主義のもとに
朝早く起きて独学で勉強し、団地の中で身体を鍛えて
午後には友達が中学から帰ってくるのをチェックし、
夜になれば団地を1軒1軒見回って安全を確かめるのが悟の日課。
そんな不思議な状態に陥った彼を、周囲は不思議なほど温かく包み込みます。
いったいなぜ?の「?」で頭がいっぱいになる物語の中盤頃、その理由が明らかに。
なぜ悟が団地から出ないのか、本当はみんな知っていた…。
そう、守られていたのは悟の方。みんな優しいねー。

でも時は無常に過ぎ、次第に団地は老朽化し、住民たちも離れてゆきます。
同級生も1人また1人と去ってゆく中
思わず「僕どうなっちゃうんだろう」とつぶやく悟。
孤立無援の団地から、はたして彼が踏み出せる日はやって来るのか…。

hmdgk01303 hmdgk01302

「変わること」には寂しい面もあるけれど、きっと人は変わらなければ生きてゆけない。
「古き良き時代」とか「昔はよかった」なんて言葉にしがみついてちゃ前に進めないよ、と
優しくそっと背中を押してくれる作品です。
変わることは悪いことじゃなく、むしろ大切なことだったりするときもあるんだね。
ラストシーンの悟の姿に、そんなことを思いました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。